爪水虫の市販薬、特徴と選び方

爪水虫は普通の水虫と同じく白癬菌が原因で起こるとされていますが、再発を繰り返し慢性化しやすいのが特徴です。

 

特に、爪水虫の原因である白癬菌を完全に除去しないままで手当を終えている場合には慢性化しやすいとされています。

 

また、爪水虫は完治してない状態でもかゆみや痛みなどの症状が一時的に落ち着いてしまうのですが、それは治ったわけではないので白癬菌を完全に追い出すために手当を続けて行くのが望ましいと言えるのです。

 

本来なら病院で診察を受けるのが望ましいのですが、仕事で忙しかったり何度も通院しなければならないとなるとなかなか通えないという人も多いのではないでしょうか。

 

では、ドラッグストアなどでも購入できる効果的な爪水虫の市販薬はあるのでしょうか?

 

爪水虫の市販薬、その特徴と選び方

実は爪水虫は、市販の薬では治せないという説が多く爪水虫の市販薬は少ないとされています。

 

しかし爪水虫の市販薬が少ないと言われている中でも、効果的な薬があるとされているのです。

 

例えば当サイトの爪水虫市販薬ランキングでも取り上げているDr.G’sクリアネイルは、爪水虫専用の薬であり市販薬の特徴としては白癬菌に効果のあるトルタフナートという抗真菌薬が含まれています。

 

また、Dr.G’sクリアネイルと併用することで相乗効果が期待できるドクターズチョイスチモールリキッドは、ハーブの一種を使用しており抗菌や、消毒作用が期待できるとされています。

 

その他にも、内服することで効果が期待できるものもあります。

 

では、市販薬の選び方のポイントとはどんなことが考えられるのでしょうか。

 

爪水虫の場合、普通の水虫薬では爪の裏側まで入りづらいためにあまり効果が期待できないこともありますので、爪水虫専用の薬を使用するのが良いでしょう。

 

また、水虫の薬にはスプレータイプや液体状になっているものありますが、軟膏状になっている方が流れにくいので効果的です。

 

症状がなくなっても治ったと自己判断で手当をやめてしまうとすぐに再発してしまう可能性があります。

 

そのため、一時的に状態が回復しても手当をやめずに、その後も根気よくを続けて完治させていきましょう。

 

 

>爪水虫の解消法!爪水虫の初期症状、原因、対策、市販薬の選び方